お問い合わせ

サイトマップ

PMS月経前症候群ナビ

sponsored link


PMS (月経前症候群) の治療法・対処法


PMS (月経前症候群) の治療法・対処法 PMS (月経前症候群) の治療法、対処法として、まずは規則正しい生活を送り、適度な運動を行い、栄養と睡眠時間をたっぷりととることが重要です。

ただし重症の場合には抗精神薬、漢方薬、ホルモン療法などの薬物療法が必要となることもあります。

睡眠や栄養をしっかり採る

睡眠不足や栄養不足はストレスの原因となり、PMSをより悪化させてしまう恐れがあります。
まずは十分な睡眠と栄養補給を心がけましょう。

特に栄養に関しては、「炭水化物」の摂取が非常に重要です。

炭水化物が不足すると神経伝達物質であるアドレナリンが放出されますが、そうなるとPMSの症状であるイライラや起こりやすくなるなどの精神症状がより強く現れることになってしまいます。

また、炭水化物は脳の唯一の栄養素「糖」の源ですので、糖が不足することによりボ〜っとなったり、集中力が切れやすくなったりもします。

特に朝起きた時は糖が少ない状態になっていますので、ちゃんと朝ごはんを食べて炭水化物を摂取することがPMSの女性には重要なことです。

どうしても朝ごはんを食べる時間が無い場合などは、サプリを利用するのも一つの手です。

睡眠を十分に採る

睡眠不足はストレス増加の原因となり、PMSを悪化させる恐れがあります。

ですので、PMSの症状を改善させるためには睡眠を十分に採ることが必要なのですが、PMSの場合には精神的に興奮してなかなか眠れなかったり、睡眠が浅くなりやすかったりするという問題もあります。

そこで、例えば日中運動をして体を疲れた状態にすることによって寝つきを良くしたり、ハーブやアロマでリラックスするなどの工夫が必要となる場合もあります。

適度な運動を行う

上記にも書いたように、適度な運動を行うことにより十分な睡眠が採りやすくなります。

また、運動を行うことで体内の血糖値が安定したり、脳から「エンドルフィン」という一種の脳内麻薬の一種が分泌されることによって、PMSの症状が抑えられるとも言われています。

運動を行う際には短距離走のような瞬発系ではなく、マラソンやウォーキングなどの長時間行う有酸素運動のほうがPMSには効果的です。

運動してつかれた体をあったかいお風呂でゆっくりと癒し、十分な睡眠をとることができれば、PMSの症状も大幅に改善することでしょう。

sponsored link


サイトご利用についての注意事項

当サイトはPMS体験者である管理人が自身の体験や書籍・ネットの情報、医師からの助言などを元に、PMSについてまとめたものです。

内容については出来る限り正確になるように心がけていますが専門の医師ではありませんので、誤った情報もあるかもしれません。

ですので当サイトの情報はあくまでも参考程度に留め、実際の診断や治療についてはしかるべき病院を受診し、医師の診断を受けるようお願いいたします。

当サイトの情報が元で生じたトラブルの責任は一切負えませんので、ご了承下さい。


Copyright (C) 2008 PMS(月経前症候群)ナビ All Rights Reserved.